2018/11/12

高野山へ

昨年行くつもりだったのに、台風で南海電鉄が一部不通になり、
断念した高野山行
今年こそと、行ってきました。

7時に近隣の駅から出発して、10時には到着しました。意外に近い!

働き方改革のおかげで、主人が有休とれたおかげで平日だったし、
天気予報があまり良くなかったこともあってか(日中は降らなかった♪)
比較的空いていて、ゆっくり見て回れました。

だけど、やっぱり外国人観光客は多かったな。

まずは奥之院から。

奥之院は様々な人のお墓があり、弘法大師が入定された聖地です。

高野山はどんな宗教でもお墓を建てることができるそうで、
中にはシロアリ駆除業者が建てた「シロアリの墓」なるものもあった。

いろんな企業のお墓もあり、ユニークなものの写真をパチリ。

ヤクルトのお墓


新明和のお墓





他にも、織田信長や豊臣秀吉等の戦国武将から新しいのでの司馬遼太郎など、
有名な歴史上の人物のお墓もたくさんありました。
でも、本当のお墓はそれぞれのゆかりの地にあるみたい。

奥之院参道





紅葉の名所のように書かれている高野山だけれど、思ったほどではなかった。
でも紅葉した樹は、見ごろではあったかな。









金剛峰寺正門


金剛峰寺


金剛峰寺の中も拝観しましたが、写真撮影はNG
かなり広かったです。

一番の紅葉の名所、蛇腹道を通って檀上伽藍へ。

東塔

不動堂

根本大塔

金堂

大門





高野山というのは、広大な敷地の中に、たくさんのお寺がある、いわば「お寺の街」
そこを「りんかんバス」という周遊バスが通っている。私たちは1日周遊パスというのを買っていて、それを使うとバスは乗り放題なので、とても重宝しました。
バスもしょっちゅう来るので、マイカーで来るよりも、便利ではないかと感じました。
とはいえ、車で来てる人は多かったけど。

主人が回りたいというところを、とりあえず制覇して帰ってスマホを見たら、





さすがに足が疲れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/11

タイのスパブランド

今回シンガポールに行くにあたって、一応娘に

「なんかほしいお土産あったら言ってね。」と、伝えておいた。

多分「なんてもいいよ~」

いう返事がかえってくるとタカをくくっていたら、ちゃんとリクエストが来た。

それは「Mt.Sapola」のボディクリーム。

長男のお嫁ちゃんが結婚前会社の研修でしばらくシンガポールに行ってたことがあって、

その時にお土産で、私と娘に買ってきてくれたもの。

そのときに

「これはタイのスパブランドなんですけど、シンガポールってなかなかいいお土産がなくって」

と言っていたような・・・

とはいえシンガポールで買ってきてくれたものだから、シンガポールでも売ってるだろうと、事前にネットで店舗調べて、行ったのだけど、すでにその店舗はなくなってた。

情報が古かったようなのよね~(^_^;)。
色々調べるとそのブランドはすでになく、
「hysses」というブランドに変わっていたことが判明。
運がいいことに宿泊してるホテルに隣接してるショッピングモールに店舗があり、
無事リクエストにお答えすることができました。

そのお店でいい香りのルームフレグランスを見つけて、自分用のお土産に買いました。

レモングラスベースの爽やかな香りで、超お気に入りです。







リードタイプのフレグランスって日本で買うものは、ほのか~にしか香らないんだけど、
これはしっかりと香ってきます。
パウダールームに置いてます。

そうこうしてたら、先日長男がタイのお土産にと、ハンドクリームを買ってきてくれたの。

[PANPURI」というやはりタイのスパブランドで、結構高級ブランドらしいです。

ラッピングもめちゃかわいい♪

インドシンという名前のこれも偶然にもレモングラスベースの香り。

これはきっとお嫁ちゃんチョイスだろうと、私の好みドンピシャよ♪と、
喜んでお嫁ちゃんにお礼のラインしたら、

「それは長男くんがたくさん香りを嗅いで選んだんですよ~」

だって!ちょっと意外でした。

PANPURUブランドは関西では三宮に店舗があるみたい。

タイには他にも素敵なスパブランドがいろいろあるようなので、
一度本場で買物してみたいな~

次の行き先はタイかな?(#^^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/08

Nちゃんとの再会

駐妻Nちゃんとも再会できました。

たまたまお子さんの運動会の日に重なってしまったので、
1日中という訳にはいきませんでしたが時間を作ってくれて、
着いた日の晩御飯と、最終日のお茶に付き合ってくれました。

私の主人のこともよく知っているので、女子会のように盛り上がっちゃいましたよ。


Nちゃんが予約してくれた、ラクサ鍋



ホテルにTWGが入っていて、そこでお茶しました。



写ってるのはNちゃんの手

相変わらずかわいい顔して、毒を吐くNちゃんトークは健在でしたよ。
来年あたりは日本に帰ってこれそうらしいので、次は日本で再会できそうです。





ナショナルギャラリー



聖アンドリュース大聖堂
両方ともホテルから徒歩圏内でした。

綺麗で観光しやすくて安全な国シンガポール。
(そして物価が高い!)
2度目でも楽しい旅行でした。
連れてきてくれた主人に感謝です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジョホールバルへ

今回新たに訪れたのは、隣国マレーシアのジョホールバル。

渋滞がなければ、1時間ほどでバスで行くことができます。

多少治安が悪いらしいというのと、現地で車がないと動きにくいということで、
オプショナルツアーに参加しました。

外国へ入国するわけなので、出入国審査があり、これが少々面倒でした。

シンガポール側のイミグレーション
平日なので、そんなに混んでませんでした。

スルタン・アブ・バカール・モスク
本当はとてもきれいな青色の屋根なのですが、写真うまく撮れてません。

行きたかったのはここくらいだったのに、バス降りて外から見るだけだった。

すっごく、すっごく残念でした。
中に入れないことはわかっていたけど・・・
しかも改修工事中で、塀越しにちょっと見ただけ。
せめて周りをぐるっとしたかったな~。

その後バティック染めの工房とマレー文化村(琉球村のマレー版みたいなの)
に寄って(結局お土産物屋巡りみたいなの)ホテルでランチして終わり。



バティック染めの工程をおじさんがやって見せてくれました。



凄く上手でした。これはこれでまあ面白かったかな。



マレー文化村の昔の高床式住居



マレーの食卓を再現。

まあこんな感じ。
はっきり言ってホント期待外れでした。
オプショナルツアーってこんなもんなんでしょうけどね。




ホテルの前の街並み
街並みはシンガポールと違って猥雑で面白そうだったけど、そこはインドの時みたいに、現地に詳しい友達が一緒にいてくれるわけではなく、自分たちのみで、回る度胸もないので、仕方なかったかな。語学力に自信がないっていうのは、やっぱりネックですね。
当たり前だけど。

Nちゃんに言わせると、ジョホールバルには観光で行ったことはなく、
ネイルやエステのために行くそう。
シンガポールの三分の一のお値段なんだそうです!

こういうとこは、やはり現地になれた人と来たかったな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/07

再びあの国へ

またしても、シンガポールへ行ってきました。
先月末。関空が全面復旧を宣言したまさにその日、ガラガラの関空から発ちました。

なんでまた、行ったことのある国へ旅行することになったのか、と言いますと、
まあそこはちょっとした理由がありまして、(大した理由ではないです)
とりあえず、今回は主人と一緒です。

前回の旅行では、駐妻Nちゃんについて行くだけの旅行でしたが、
今回はNちゃんとは再会したものの、自分でガイドマップ片手に観光してきました。

3泊5日の旅行。、ここはザクっと写真でご紹介。



シンガポール植物園。世界遺産の登録されているそうです。

その植物園にあるコーナーハウス。

植物学者のEJH・コーナーさんの自宅だった建物が、今はミシュラン一つ星のフレンチレストランになっています。残念ながら予約が取れなかったので、外から見るだけ。



5S$札に印刷されている有名な樹。
「テンブス」と呼ばれシンガポール遺産木なんだそうです。



シンガポール植物園と言えば、このバンドスタンド

チャイナタウンもちょっと行きました。

前回は外から見ただけだった、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
今回は中に入ってみました。

クラウドフォレスト内の大きな滝

今回のホテルは、スイスホテルスタンフォードという、非常に便利な立地のホテルだったので、どこへ行くのもMRT(地下鉄)が使えて非常に便利でした。
ez-linkカード(イコカみたいなの)を1回チャージしたほど使い倒しました。
その方が、英語しゃべらなくてもいいいから・・・という理由もある

なるべく単語でなく、文章で英語を話す、ということを今回の旅の目標にしていて、
それはまあ達成できたと思っていますが、聞く方がなんともお粗末で・・・
これは今後の課題ですね。

リスニングを鍛える良い方法ないかなと模索中です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«なんか腹立った