2017/04/08

やっと咲いたのに・・・

今年はいつまでたっても暖かくならなくて、
関西ではやっと今週になって桜のつぼみがほころび始めました。
・・・と思ったら、火曜日からずっと気温が高い日が続き、
あれよあれよという間に、今は満開の桜の木がほとんどです。

そんな中、先日の木曜日友達と毎年恒例のお花見に行ってきました。

テニ友毎年お花見にいくようになって、足掛け10年くらいたつでしょうか?
メンバーの引っ越しなどで7人から4人に減り、
大体は京都か奈良のどちらかが行先でしたが、
だんだん近場で済ますようになりました。
みんな年取って、人混みに疲れるようになったのです。
今回は去年紅葉を見に行ったのと同じ、長岡京と大山崎です。

前回アサヒビール美術館に行けなくて残念がっていた私のためです。




アサヒビール大山崎山荘美術館は、関西の実業家・故加賀正太郎氏が大正から昭和初期にかけ建設した「大山崎山荘」を創建当時の姿に修復し、安藤忠雄氏設計の新棟「地中の宝石箱」などを加え、1996年4月に開館しました(HPより)

庭には見事はしだれ桜があり、2階のテラスからは遠く八幡の背割り桜が臨めます。




残念ながら当日はあいにくの曇り空で、背割りの桜も5分咲き程度だったので、
期待した景色を見ることはできませんでした。

美術館の常設展にはモネの睡蓮やドガなど、一流の名画が展示してあり、
「ホンモノ?」などと、失礼なことを考えてしまいましたが、もちろん本物です。
たくさんの美術品を所蔵していて、常にすべてが展示されているわけでないようです。
私は建物に興味があって、一度来てみたかったのですが、
美術品好きな方には、一見の価値ありだと思います。

毎年こうして、どこかでお花見をしていますが、桜の見ごろは本当難しい。
みんなの都合がつく日が、ちょうど満開の頃で、しかも晴天の日
という三拍子そろった日に巡り合えた年は、今まで1.2度程度だったと思います。

でも、最近はあまりテニスで顔を合わせることがなくなったメンバーで、
お出かけして、お昼を食べて帰る。そのことに意義があるのです。

せっかく桜が咲いたのに、あれから関西はずっと雨模様の予報。
もう一度青空の下、満開の桜見たいんだけどな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/29

格安SIMに変えて・・・今のところよかったかな

主人は初めてスマホを持つのだから、使い方からレクチャーしなければなりません。

が、その前にアドレス帳を復元して、メアド変更メールを送る準備をせねばなりません。

一応ここで言っておきますが、PCとかスマホとか
IT系のマターは我が家ではすべて私の担当です。

よく友達と話してて、

「格安SIMの方が絶対得だよ~」

「それ、どうやってやるの?」

「旦那がやってくれたから、よくわかんない~」

という会話、私、その奥さんがめちゃくちゃうらやましいです。

別に私がITに詳しいわけでもなんでもないんです。
全てネットで一生懸命調べたうえでの知識なのに(-_-X)
ネットがつながらないだの、変なポップアップがでてきただの、
うちでは家族みんなが私が対応するものと思ってる、

ま、だからこそ私の一存で、格安SIMに変更なぞができるわけなんですけどね。

だもんで、スマホを手に入れて、ケース選んで保護フィルム張った後は、
帰宅して私が、苦労しながらapple ID作ったり、アドレス帳復元したり、
ライン引き継いだり、メール設定したりしてる間、主人は全くノータッチです。
全て丸投げして、ゴルフ見てました。
そこで、まだかできないのか?だの文句を言う人ではないのでいいんですけどね。

まずはUQのお客様ダイヤルに電話して、メアドをもらうところから始めました。
ここは特に問題はなかったのですが、私がひっかかったのは、
UQのアドレスで使えるのはiphoneのメッセージというアプリだということ。
青地に白のお手紙マークのではなく、緑地に白の吹き出しマークの、
あのアプリです。(iphone利用者ならわかると思う)
あれは、今まで私はショートメールでしか使ったことがありませんでした。
だって、表示のされ方はLINEのように、吹き出しが交互に出るだけ。
件名もCC/BCCもないし、メールっていう体ではないんですよね。

でも、ここで文句を言っても仕方ない。
とりあえずメールは使えるようになって、
いよいよ主人のガラケーのデーターの復元です。

ガラケーのバックアップはmicroSDで保存します。
このmicroSD、うちにあったのに、うっかりPCで中身を消したもんで、
ガラケーで認識しなくなってしまう、というミスを犯してしまい、
新たに購入するはめになってしまいました。(千円程度のものですが)

また、バックアップを取ろうとした時、主人がパスワードを忘れてしまっていて、
フォルダが開けない!というアクシデントもありました。
(奇跡的に思い出しました)

そのような危機を乗り越え、やっとPCに保存したアドレス帳ファイル。
あとはメールに添付してスマホに送り、スマホ側で添付されたファイルを
タップするだけだったはずなのですが・・・

インポートされたアドレス帳を見ると、

な、なんと!すべて文字化けしてるではないですか!

私が調べたサイトではそんなことは書いてなかったのですが、
文字コードを変換しないと文字化けすることがあるそうなのです。

  il||li _| ̄|○ il||li

そこで調べ直すと、アドレス帳ファイルをメモ帳で開いて、文字コードを「UTF-8」
に変換して保存し直したファイルを開かなければならないことが分かり、
まずは文字化けした連絡先をすべて削除しなければ、・・・となり、
スマホからいちいちひとつづつ削除なんてやってられないので、
iCLOUDの連絡先からshiftキー使って、すべて削除し、
その後文字コードを変換したアドレス帳ファイルをiCLOUDに読み込ませ、
文字化けせずにちゃんと読みこめた!と喜んだのに、
スマホのアドレス帳と同期せず・・・・・・・と、
なんだかんだと、かれこれ3時間ほど格闘して、
やっとアドレス帳を復元することが出来ました。

は~疲れた(u_u。)

LINEはアドレス登録をしていなかったので、新しいアドレスで登録して、
無事アカウント引継げました。
でも、アンドロイド→iphoneの場合トークは保存できないみたいなんですよね。
それには少し不満そうでした。(だから言ったじゃん!)

これでやっと主人のiPhoneは使えるようになりました。
問題はアドレスメールがうまく届いているかどうか?
メッセージアプリでは宛先欄がないし、BCCでとどいてるのかどうかも確認しようがないし、
なんだか使い勝手が悪いのです。
だもんで、せっかく月々払って取得したアドレスですが、
私は普段のメアドはiCloudのアカウントを使うことにしました。
ガラケーだとわかっている母にだけ、UQのアドレスを伝えました。
実際今じゃLINEでのやり取りがほとんどで、
メール使うことなんて友達とはほとんどないですもんね。

これで、やっと格安SIM乗り換えが完了しました。
来月はauから事務手数料やら、残りの機種代金やらが、どっさり引き落とされるので、
安くなったメリットを実感できるのは、再来月かなあ。

たいして知識にない私が書いた、格安SIM乗り換え体験談ですが、
何かの参考になったら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

格安SIMに変えてみました

さて、どこのMVNOに乗り換えようか?と悩んだのですが、
結局たいした選択肢はありませんでした。

というのも、auのスマホで使えるMVNOはUQmobileか、maineoの二つだけだからです。
docomoなら選択肢は多いみたいですが、auは電波帯が違うようで・・・
で、うちはUQにしました。

その決め手は

・速度が速い
・キャリアメールが使える

速度は乗ってる雑誌によって色々書いてあることは違うのですが、
口コミを読んだ限り、UQを挙げている人が多かったので、信用してみました。

メールに関しては、キャリアを離れると、当然キャリアメールが使えません。
(@docomo.ne.jpとか@ezweb.ne.jpとか)
よってwebメール(gmailとかyahooメールなど)を使うことになります。
webメールを使うことのデメリットはいろいろありますが、
一番考えられるのは、まだガラケーを使っている人で、
迷惑メール防止のため、webメールをブロックしている人が多いということ。
旦那の関係の人は、まだガラケー使用者が結構多いようで、
いちいち設定を変更してもらうのは申し訳ないと、難色を示したのです。

で、UQは独自のメールアドレスオプションがあって、それがキャリアメール同様に、
使えると聞いたので、これがUQに決めた一番の理由でした。

しかし、この選択、あまり良かったとはいえないことが後々判明する

使っている端末そのままで、格安SIMに乗り換える手順は、
キャリアがどこか、やアンドロイドかiphoneかによって、いろいろです。

まず大事なのは、SIM解除できる端末か?です。

今は法律上契約して180日経過したら、キャリアはSIM解除を拒否できません。
機種代金を払い済みで180日たっていればSIM解除(SIMを変更できるようにする)
してもらえます。

私のiphone6はSIM解除不要だったので、問題なしでした。
旦那はSIMフリーのiphone6s plusを買ったので、これも問題なし。

次に携帯会社に電話して、MNP予約番号、というのをもらいます。
MNPとはご存じだとは思いますが、「マイナンバーポータビリティー」のこと。
乗り換えの時、電話番号をそのままにしてもらう、あれです。
このMNP予約番号の有効期限はもらってから15日間です。
もし期限内に乗り換えできなかったら、またもらい直さなければなりません。
しかし、MVNOに申し込むときはこのMNP予約番号が必要です。
多くの人が、ネットで申し込んで、SIMを送ってもらって、自分で設定するという、
流れになると思うので、送られてくる日数等も計算して、
15日を超えないうちに設定を済ませてしまわなければならないです。
ここはきちんとスケジュールを考えてしなければいけないところだと思います。

私は自分で設定する自信がいまいちなかったので、
梅田にあるUQスポットで契約しました。
ここならその日のうちに手続きが完了して、スマホが使えるようになります。

土曜日に主人と行ったのですが、空いていたので、すぐに案内してもらえました。
担当の方はとても親切な方で、テキパキと対応してもらえて、
1時間くらいで、二人ともスマホを手にすることが出来ました。
SIMカードを入れ替えてからスマホを使えるようにする設定を
すべてしてもらえたので、とってもラクでした。
ただ、その後新しいメアドを取得して設定するとか、他の設定に関しては、
お客様フリーダイヤルを使ってください、ということでした。
UQスポットでできることは新規申し込みのみ。
大手キャリアのように、アフターサービスは行いません。
だからこそお安く提供できてます。という事でした。

なるほどね~

UQでは新しく通話無料が含まれたプランが出来てます。
私たちはその中の「おしゃべりプランS」というのに申し込みました。
これは月々1980円で、5分までの通話は何度かけても無料。
データーは最大2GBというプランです。
(この辺についてはUQのHPを読んでみてください。)

気になっていたのは、乗り換えてからも、普通に使えるかということ。
結論から言うと、私のiphoneは、連絡帳もLINEも全くそのままでした。
ネットの速さもauだったときと違いは感じなかったし、
iTuneにバックアップとったり、ラインのアカウントの引継ぎとか、
色々想定して準備してましたが、全く必要ありませんでした。
正直、機種変するよりラクだったかも。

主人のほうはというと、ガラケーからなので、そういうわけにはいきませんでした。
一応ネットで色々と調べてアドレス帳のバックアップは取ってましたが、
復元するときにえらく苦労してしまいました。

その辺の話はまた次に(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

格安SIMに変えてみようかな

長年auを使ってきました。
初めて携帯を持ってから14年間、1度も浮気をせず、
乗り換えキャンペーンに心動かされることなく、使ってきました。
単にメアド変えるのが面倒だったともいえる。

子供たちが社会人になり、それぞれ自分で支払うようになり、
月々の請求額もお安くなったのですが、ここへきて格安SIMに変えてみようかな?
と、思うようになりました。

その理由として・・・

まずは、ずっとガラケーだった主人がそろそろスマホを持ちたがっているように見えたこと。

ガラケーとタブレットの2台持ち、というと聞こえがいいけど、タブレットはプロバイダと契約してなくて、
WI-FIがある場所でしかつながらない。(それでいいと言い張ったので)
それが最近LINEをタブレットに入れてあげたら、その便利さに目覚めたようで、
と同時に、寮の部屋でしかつながらないことに不便さを感じ始めたみたいでした。
そりゃそうよね~

次に、このたび旦那の単身赴任が解けて、帰ってこれることになったので、
家族間の無料通話は、もうそんなに必要ないかなと思ったこと。
単身赴任中はほぼ毎晩電話してきて、10~20分は話してましたから・・・
で、これからは、通話の割引オプションが少ない
MVNO(格安携帯会社)でも大丈夫かなと思ったわけです。

それになりより、金額が安いですよね。

現在私はauのiphoneを使っていて、機種代込みで、8千円くらい。
主人はガラケーなので、2千円チョイ位。合わせて1万円千~2千円くらいかかってました。
旦那がスマホに変えると、おそらく1万5千円は超えるでしょうね。

まあ、携帯代ってそんなもんよね。と、思ってはいたものの、
14年もau使っていたのに、その見返り的なものはたいしてないのも、ちと不満。

(データ容量をくれるようになったけど、ゲームもしないおばさんにはピンとこないのよね)

一番ショックだったのは・・・
私、スマホに変えてもうすぐ2年になるので、あと2か月で機種代金は払い終えるので、
月々の払いは当然機種代ぶん安くなると思っていたのです。

でも違うんですね。!

機種代を払い終えるまでは、その分を毎月割で割り引かれていて、
機種代が払い終わると、その毎月割はなくなり、結局払う金額は一緒。
なので、また毎月割が使えるように、機種変しませんか?と薦めてくる。
私は、この仕組みが全くわかってなかったのです。(アホ)

ちゃんと説明されていたと思うのですが、スマホの契約時って、複雑すぎて、
聞いてるようで理解できてなかったということですね。
(この事実を知ったのはこのサイト

あと、解約するときによく言われる「2年縛り」というやつ。
あれも機種変してから2年なのではなく、更新月まで2年あるという意味で、
したがって機種代を払い終えた2年目に解約しても、違約金は発生するのです。
(この事実を知ったのはこのサイト

私たちの更新月はそれぞれ今年の11月・12月と12月・1月’(2か月間)で、
今解約したら、違約金が発生するのですが、
たとえ違約金9500円払ったとしても、その差額はすぐにペイできるなと思い、
格安SIMに乗り換えることにしました。
(結局、長期ユーザーの私たちは、3240円で済みました。)

次は実際に格安SIMに変えた時の手順や使い心地などを書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

卒業30周年ゼミ旅行@香港・マカオ 最終日

いよいよ旅行最終日です。
この日はとっても早起き!
なぜなら、香港随一の人気観光地、ビクトリア・ピークに行くから。
とっても混むので朝早いうちに着いてしまおうということです。

まずは九龍駅でチェックインを済ませて、荷物も預けてしまいます。
どんなシステムなのかは分からなかったのですが、
後で調べてみたら、香港は「インタウンチェックイン」というシステムがあって、
エアポートエクスプレスのチケットがあれば、地下鉄の九龍駅と香港駅で、
空港に行かずとも、チェックインができ、なおかつ手荷物も預けられるのです。
これはすごく便利なシステムですよね。
日本でも導入すればいいのに。

ということで、朝一番に手荷物を預けて身軽になってから、
タクシーでビクトリア・ピークへ向かいました。
ビクトリア・ピークは要は山頂の展望台。
香港の高層ビルが鉛筆立ての鉛筆のようにニョキニョキとそびえたつ景色を
一望することができます。

32

こんな感じ。
ピークトラムというケーブルカーで上り下りするのが一般的なようですが、
トラムに乗るのにすごく並ぶようで、あえて帰りのみトラムに乗ったようです。
この辺りも、香港在住のOさんのアドバイスがあってのことのようです。

31

こんなふうにトコトコ登ってきます。

トラムで地上に戻った後は、飛行機までの時間を利用して、
前日の牛乳プリンのお店の近くのデパートでお土産を物色。
それまでの観光客用のと違って、地元の人が買い物にいくようなお店でした。
漢方っぽいにおいが立ち込めていて、ザ・中国ってかんじで面白かった。
Nちゃんおすすめの凍頂烏龍茶と、クコの実を自分用に買いました。

お昼は麺が食べたいね、ということで、一本内側の路地をウロウロ。
路上にテーブルが置いてあるお店で頂きました。
写真にあるワンタンメンが食べたくて、メニューを見て、
このワンタンの具は肉か海老かを一生懸命尋ねたのですが、
どうもこっちの言ってることが通じてない様子。
香港って、ホテルとか空港以外は基本英語が通じないんですよね。
相手もたどたどしい英語で質問してくるのが、

「イエロー?ヌードル?」

どうやら、中華麺かフォーかを選べるようだということが
かなりしてやっとわかったのでした。
食べたワンタンメンはとってもおいしかったです。

33

最後に九龍駅の隣にある香港1高いビルの展望台、
「スカイ100」に昇ろうとしたのに、パーティーが開催されているため、
クローズで登れなかったのが唯一の心残りでした。

こうして2泊3日の香港・マカオ旅行は無事に終わりました。
短い時間で、効率よく観光できたのは、OさんとKさんのおかげ。
安い金額で旅行できたのはMちゃんのおかげ。
本当に感謝感謝です。
そういえばちょうど1年くらい前には、現地妻のSちゃんのおかげで、
お気楽シンガポール旅行を楽しんだんだった。

1年に1回くらいはこうして海外旅行が楽しめるような老後が過ごせたらいいな~
なんて、贅沢かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«卒業30周年ゼミ旅行@香港・マカオ 2日目